• 企業 95
  • 製品44
  • 空き店舗6
  • 求人6

鮎のささやき

全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞した谷常を代表する商品です。

六十年前 八鹿町を流れる清流「八木川」には鮎が元気の泳ぎまわり「八木太郎」の名前で親しまれていました。その美しい姿より 三代目谷英太郎が考案。

北海道十勝産小豆のこしあんとしっとりと柔らかな求肥餅を風味豊かに焼き上げた生地で優しく包み込み丁寧に鮎の形に仕上げます。焼印で愛らしい表情に仕上げ当時はフォンダンで輝く鱗も表現していました。鮎菓子箱の底に笹の葉を敷いたことから「鮎のささやき」と命名。

時は流れ、時代は変化しても「鮎のささやき」の伝統の味は受け継がれています。今でもなお、熟練職人の手によりひとつひとつ作り上げる「鮎のささやき」。素材へのこだわり、代々受け継がれてきた伝統技術、そして菓子作りに命をかけた先人の想い。そのようなものを感じていただければ幸いです。